LOUD&COOL 〜BAKUの奔走〜

バンド「AmberLife」を中心に、ドラム、バイク、写真、等々について書き綴る。

余裕のあるときに3

先日、おとといに引き続き、余裕のあるときにシリーズ










・・・・・余裕がなくなった





こういうオチになるとは・・・・・・

「現実はドラマより奇なり」ですな



BAKU

余裕のあるときに2

先日に引き続き、余裕のあるときに

 ↓で、購入品の第2弾




わが愛車(足?)サンバーのタイヤを交換してみた。
ただ換えるだけじゃつまらんな・・・・・

で、こんなプラン
?インチアップ(13⇒15インチ化)
?プチ引っ張りタイヤ(5.5Jホイールに165-55-15を組む)
?タイヤ大径化(165-70-13⇒165-55-15)

ホイールはアルミなど換えるわけもなく、鉄っちんホイールをヤフオクでゲット
タイヤは重要なので新品を購入。
サンバーのスーパーチャージャーはパワーの割にはギヤレシオが低く、高速で100km/hで走っているとエライE/Gを回すことになる。そんなわけで大径化はやりたかった。
今回のサイズ変更で+3%、ちょびっとだけ大径化できた。
これでボディとタイヤのクリアランスギリギリである。
ちなみにボディとタイヤも超ツライチ(特にリヤ)
ギリギリ車検はNGかも・・・・汗

ホイールはあえて鉄っちんホイールを選択。ちょっとアメリカンな感じしない?
ホイール外周に赤いラインでも入れれば完璧だと思うのだが

で、走ってみた。
やはり13⇒15インチによってタイヤが薄くなったため、路面のゴツゴツは若干拾う。
が、タイヤ剛性が上がったことによるステアリング操作とヨーの立ち上がりのリニアさは格段に良くなった。
直進安定性も向上。これはタイヤ剛性UPとタイヤ外径UPによるトレール量増加が効いているようだ。
また横風時のふらつきも減ったように感じる。
(サンバーは背が高い+短いホイールベース+軽量、によってメチャクチャ横風に弱いのである)
早く高速で走ってみたい。

と、小難しいことを書いてみたが・・・・。


みなさん、タイヤって意外に重視してないと思う。
車はピカピカでもタイヤは磨り減っているって場合もある。
でもどんな車だって、地面と接しているのはタイヤだけだってことを忘れないで欲しい。
(オリンピックの選手だってサンダルじゃ走れないっしょ?)
自分の命を載せると思って、タイヤだけはケチらないようにしましょう!!
(あとブレーキもね)


BAKU

余裕のあるときに


先日ヤフオクで不用品を整理した。
ちょっと懐が暖かかったので、何を買おうか検討(笑)

 ↓で、購入品の第一弾




知らない人が見たら、「なんじゃこりゃ?」だよね。
オレのバイクFXRのサービスマニュアル、パーツカタログ、オーナーズマニュアル、整備本、です。
今回はサービスマニュアルと整備本を購入!

これで結構資料が揃ったのでエンジン整備の妄想が膨らむ。

いつかはエンジンオーバーホール&プチチューン、色の塗り直し、配線引き直しを実行するのだ。
そのために今から勉強勉強


購入品第2弾は明日にでも



BAKU

 | HOME |  »

Appendix

BAKU

BAKU

BAKU(大和田法臣)
都内で活動するバンド『AmberLife』のドラマー


東京都に生まれる。
父親、母親の影響で幼少の頃より音楽が周りにあふれる環境で育つ。
兄の影響で高校からドラムを始める。
高校、大学と音楽活動に熱中。
しかし当時活動していたバンドが 解散した後はしばらく音楽活動から離れる。
2001年、 哲平に誘われANALOG MACHINEに参加。
CD発売、 ツアーと精力的に活動したが2003年6月をもって活動休止し、現在も休止中。
2005年7月に哲平とAmberLifeを立ち上げる。

バンドとは別にバイカーとしての顔もあり。
愛車HarleyDavidson '91FXRに跨り各地をまわる。
腰に響くリズムとサウンドの快感はドラムもバイクも同じなのか・・・・。

最近はまっているもの
「モーラー奏法」
「黒人リズム感」

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2007-03 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks