LOUD&COOL 〜BAKUの奔走〜

バンド「AmberLife」を中心に、ドラム、バイク、写真、等々について書き綴る。

組立完了・・・・さて結果は?

今日は仕事をサボって?単車の組立作業。
天気予報では午後から雨だったので、午前中に作業を終了すべく朝っぱら早くから作業開始。
一応は屋根の下なのですが、昨日みたいな強烈な雨だと作業できなくなってしまうので。

まずは一番の鬼門、バルブシールの組み付けから。
最初に言い訳しておくが、この間のガスケットセットには組み付け方法が書いてなかったのよ。
で、今度はバルブシール単体で買ったらちゃんと組み付け方法が書いてある。

なになに・・・・・
?バルブガイド上端から1/4インチまで挿入してください。決してそれ以上挿入しないこと。
?バルブ挿入時はバルブガイド挿入保護スリーブを使わず、たっぷりとオイルを塗布してそのままバルブを挿入してください。

おいおい、この間はどっちも間違えてんじゃねーかーー!!
バッチリスリーブを使って胴突きまで挿入してもうた。

今回は説明書通りに作業完。
バルブを組んでみるとあきらかにこの間とバルブシールの緊迫力が違います。
この時ふと「こんなに緩くて大丈夫かね〜、これで低フリクションを実現しているのか?」と思ったことを思い出した。
これが原因だったのか〜〜〜???

後はガスケット面をきれいにして、脱脂して、ガスケット挟んで、規定トルクで〆て・・・・。

この辺の作業は順調に進みました。
リヤバンクはロッカーカバーにボルトを挿してから組み付け、という手順を間違えて最後のボルト2本が入らないというアホなことをしてましたが、それ以外は順調順調。
リコイルしたメネジ+新品ボルトは気持ちよいほどスムーズに組み付けられました。

が、11時半頃から雷を伴って強烈な雨が・・・・・・
昼飯頂きつつ雨の通り過ぎるのを待つ。


しばらくすると小雨になったので作業再開
ささっとエンジン組み終わってキャブ、排気系付けて、オイル入れて。
まずはタイヤを手で回してクランキング。
うんうん、異常なし、異音なし
しばらく回して少しでも油圧の立ち上がりが早くなるようにする。
まぁおまじないみたいなモンです。
今度はプラグをつけずにスターターでクランキングして少しでもエンジン内にオイルを回しておく。少し回してスターターを休めて、また回して。

本格的に火を入れるべく、まずはガスタンクを取り付ける。
キャブへのホースつないで、タンク前の左右連結のホース繋いで。
(思えばここでちゃんと確認しておけば・・・・・)
OKOK!!
喜び勇んでガスを入れる。


ドボドボドボドボ・・・・・・・・


ガス臭い

あ、ガス入れてるんだからあたりまえか。




ボタボタボタボタ・・・・・




あ”〜〜〜〜〜、ガスが漏れてる!!!!






タンク前の連結ホースのクランプがきちんと締め付けられていなかったため、ガス漏れ発生。
が、悲劇はそれだけでは終わらない。

せっかく塗ったロッカーカバー一式の塗装がベロベロに剥がれてる・・・・・



耐ガソリン性はなかったみたい。



ちくしょーーーエンジン用塗料なら耐ガソリン性、耐クリーナー性くらいあって当然じゃねーかぁ〜〜〜〜!!!!!



しかたなく再塗装
もちろん外して塗る気など全くなく、ボディに適当にマスキングして塗りました。
え?どうでも良くなってきたでしょ、って???

そうとも言います。



で、5m離れればOKなくらいに適当に塗って終了。
塗装をしたので24時間乾かさないとエンジンは掛けられない。





らしいが、





待てるかっつうの。

ガスケットが使用可能になったらすぐに火を入れてみた。
(あくまでも自己責任でお願いします)

久々のわりにはあっさりと火が入る。


なーんか・・・・・・





前よりウルサクなった気が・・・・・





いや、気のせいじゃない。
一発一発の爆発音のアタックがはっきりした。
以前はもっと音が曇って(湿って)いた気がする。
スーパートラップだから湿った音なのかと思っていたが、それだけ要因ではなかったみたい。

ま、簡単に言えば調子の良さそうな音ってこと。



ヤボ用があったので試乗は近所をひと回り。
最初は組み付け時のオイルが燃えていて煙が出ていたが、そのうち消えて今は無職・・・・じゃなかった、無色の排気。
とりあえず今のところは大丈夫そうですな。

今週平日のどこかで近場を走ってみようっと。

どなたか一緒に行きませんか??ww




BAKU

リコイル万歳!!

さて、長々と内燃機屋さんに預けられていたFXRのヘッドですが、ようやく戻ってまいりました。
今回のメニューはバルブシートカットとバルブフェース研磨・・・・だけです。
が、さすがプロ、きれいに仕上がってます。

帰ってきて早速シートの当たりをチェック
光明丹を塗って、バルブをシートに叩きつける。


擦り合わせしなくてもかなり均一にあたりがでてるね・・・・


ま、せっかくだからサラッとすり合わせを行う。
バルブコンパウンドをバルブシート当たり部に少量塗り、バルブをタコ棒にくっつける。
バルブガイドにバルブを入れ(もちろんバルブには油を塗ってからね)、バルブを回転させながらシートに叩きつける。
これを暫し繰り返すと当たり部分が一周キレイに艶消しになる。
再度当たりをチェック

おお〜〜、キレイに当たってるね。
幅も規定値内。

これを全バルブ(といっても4本だが)行う。
4バルブ12気筒だと48本あるのか・・・・やる気しないなww

最終的にできあがったらバルブを装着し、ヘッドをひっくり返して燃焼室内に灯油を入れてポート内に漏れてこないかをチェックする。

漏れなし!OK!!


これにてバルブすり合わせは終了




で、本日のメインイベント、リコイル加工である。
まずはなめたメネジより1サイズ大きいメネジを造らなくては。


まずは簡易ボール盤(電動ドリルを固定してボール盤みたいに使えるヤツ)を持ってきて8mmのドリルをセット。(本来なら8.3mmが推奨らしい)
穴加工深さを設定して準備完了
早速なめたネジ穴へドリルを突っ込む。


全然手応えなしで穴加工終了。
もともと穴のあいているところへ穴加工するのだから当然か。

で、リコイルセットに付属しているタップでネジを切る。
ここは慎重に慎重に・・・・
なんせしくじったら取り返しがつかない。
タップがしっかりと食い付いていること、タップが直角であることを確認しながら作業を進める。切っては戻し、切っては戻し

で、意外にさっくりとネジ加工終了


ここからが初体験、リコイル挿入である。
挿入治具にリコイルの弾(スプリングみたいなやつ)をセットして先ほどつくったメネジにリコイルをネジ込む。



グリグリグリ・・・・・



で、リコイル全体がツライチよりも1ピッチくらいはいったところで挿入終了。
今度は先端の突起をこれまた治具でバキっと折る。





はい、終了です。
無事にメネジ復活です。

早速ボルトをねじ込んでみる。


クリクリクリ・・・・・


非常に気持ちよくねじ込めます。


リコイル万歳っ!!!




ついでに他のメネジも買っておいたタップでさらっておきました。
これで軸力がきっちりでるはず。


地味ですが今日の作業でした。



組み付けは月曜くらいかな〜〜〜





BAKU

メットのフィッティング

明日、あさっては何故か会社が休み。
そう、今日から3連休なのだ。






が、





なぜかバイクがない。

明日、あさってとラブピーに行ってみようかと思っていたのだが〜〜〜




ないものはしょうがない。
部品も揃ってないのでバイクも弄りようがないし。

というわけで今日はヘルメットのカスタムをした。

↓今使っているメット




このメットはヤフオクで中古のぼろいメット(当然内装の生地やスポンジはボロボロ)を買ってきて、自分で内装を張り替えたものです。

で、以前から気になっていたのは↓部分のフィッティング




ここが緩くて走行中に風が入ってきて、風の音がうるさいのです。
特に高速を走るとバイクを降りても耳鳴りがするくらい。
というわけでこの部分のスポンジを太いものに変えて、布でクルクルと巻いて縫い、接着剤でくっつけてハイ完成。

早速試着
被ってみるとイイカンジ
メットの耳周りがぴったりとはまってる。
密閉感も高いので効果は期待できる。


早速試乗し・・・・・・・  バイクないんだった OTL。




はやくしてよ〜〜内燃機屋さん〜〜〜っ!!!!






↓組み込み予定のステムシール



↓組み込み予定のヘッドガスケット




BAKU

 | HOME |  »

Appendix

BAKU

BAKU

BAKU(大和田法臣)
都内で活動するバンド『AmberLife』のドラマー


東京都に生まれる。
父親、母親の影響で幼少の頃より音楽が周りにあふれる環境で育つ。
兄の影響で高校からドラムを始める。
高校、大学と音楽活動に熱中。
しかし当時活動していたバンドが 解散した後はしばらく音楽活動から離れる。
2001年、 哲平に誘われANALOG MACHINEに参加。
CD発売、 ツアーと精力的に活動したが2003年6月をもって活動休止し、現在も休止中。
2005年7月に哲平とAmberLifeを立ち上げる。

バンドとは別にバイカーとしての顔もあり。
愛車HarleyDavidson '91FXRに跨り各地をまわる。
腰に響くリズムとサウンドの快感はドラムもバイクも同じなのか・・・・。

最近はまっているもの
「モーラー奏法」
「黒人リズム感」

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2007-07 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks