LOUD&COOL 〜BAKUの奔走〜

バンド「AmberLife」を中心に、ドラム、バイク、写真、等々について書き綴る。

ドツボ・・・・

珍しく何もない週末だったので、昼前くらいまで寝てた。
最近くたびれぎみ。

で、昼前からゴソゴソと活動開始。

いつもの雑用をこなし、3時くらいから単車いじり開始。


今日のメニューはスイングアーム外しと採寸。
実は先日トライしてスイングアームのピボットシャフトが抜けずに断念。
今回はそのリベンジ戦なのです。
シャフトぶっ叩き用に1kgはあろうかと思われるハンマーを用意。
準備万端です。

まずはマフラーやらフェンダーやらの周辺部品を外して作業スペースの確保。
で、まずはエンドキャップ(ピボットシャフト取り付けブラケット)を外す。
するとピボットシャフト両端が見えるので左右に工具を掛けて緩める。
左側のナットが外れ、ラバーマウントやらスペーサが外れる。

<追加説明>
オレのFXRはリヤのスイングアームがミッションケース後端を挟み込む形で、長ーいピボットシャフトで共締めになっているんです。




で、ここからが勝負。
シャフト頭部を傷めないように、適当なソケットをかぶせてまずはデカハンマーでゴツゴツ叩いてみる。

抜けない・・・・・

気合が足りないようだ。







ゴンゴンゴンゴン







微妙に抜けてきたような・・・・・







ここは気合一発フルパワーで!!!







「ゴンゴンゴンゴンゴンっ!!!」







おお〜〜抜けてきた抜けてきた。









が、







よく見ると











右側のクリーブブロック(スイングアームに圧入されているゴムブッシュ)が







破断してました ・・・・・・

OTL






外側のカラーはスイングアームについたままで、内側のカラーはシャフトについたまま。
ゴム(シリコンか?)の部分がブチ切れてました。




ま、でも抜けてきたんだからそのまま叩く叩く。



右側は完全に抜けてスイングアームとシャフトはブラブラ。
左側も抜けた長さからみるとスイングアームから抜けきった辺りのはず。







ここからが・・・・











全く抜けなくなりました (><)









叩いても叩いても抜けず。
(ついでに自分の手も叩きました・・・)
ボルトで臨時プーラーを作ってフルパワーを掛けてもびくともしない。






おそらくシャフト左側に何らかの異常(叩きすぎて変形したか?)があって、ミッションケースの中に入っていけないのではと推測。

逆に右から叩いて抜くにも、シャフトにはカラーが錆付いて固着しており、抜けない。





八方ふさがりですな・・・・・・・









ミッションとスイングアームを一体で外して、シャフトを切るなりして外すしかないですな。
ま、遅かれ早かれミッションは降ろす予定だったのでいいんですが。






今日はシャフトと5時間格闘して敗退。

どういう週末やねん!!!!




BY BAKU











ふたりの未来に光あれ!!

20歳くらいの若かりし頃に出会い

同じ夢を目指し

同じ喜びを分かち合い

同じ苦しみを乗り越え

共に涙し

輝く思い出を共に作った友人、
いや、仲間、戦友とでも行ったほうがよいのか

そんな二人が

十数年の時を待って

ようやく入籍しました。




うれしさと、感謝と、これからの願いを、

少しでも伝えたくて

つたない電報を送りました。


お礼の電話口に

涙が見えました。



ふたりに逢えて

本当によかった。





「おめでとう」 そして 「ありがとう」







BY BAKU

たまには

たまにはブログでも書かないと皆に忘れられるな・・・・

先々週、先週と異常に忙しく、毎日午前様帰りでした。
検討してもいい結果は出ないし、部長が後ろに張り付いて「まだ結果でないのか〜!!」とあおられるし。

散々でした。

また明日から午前様帰りか〜〜〜
いつまで続くンやろ、こんな生活。




↓昨日こんな部品が届きました。
 BAKERの0.9inオフセットスプロケットです。
 計画は地道に進行中・・・・





BY BAKU

 | HOME | 

Appendix

BAKU

BAKU

BAKU(大和田法臣)
都内で活動するバンド『AmberLife』のドラマー


東京都に生まれる。
父親、母親の影響で幼少の頃より音楽が周りにあふれる環境で育つ。
兄の影響で高校からドラムを始める。
高校、大学と音楽活動に熱中。
しかし当時活動していたバンドが 解散した後はしばらく音楽活動から離れる。
2001年、 哲平に誘われANALOG MACHINEに参加。
CD発売、 ツアーと精力的に活動したが2003年6月をもって活動休止し、現在も休止中。
2005年7月に哲平とAmberLifeを立ち上げる。

バンドとは別にバイカーとしての顔もあり。
愛車HarleyDavidson '91FXRに跨り各地をまわる。
腰に響くリズムとサウンドの快感はドラムもバイクも同じなのか・・・・。

最近はまっているもの
「モーラー奏法」
「黒人リズム感」

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2007-11 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks