LOUD&COOL 〜BAKUの奔走〜

バンド「AmberLife」を中心に、ドラム、バイク、写真、等々について書き綴る。

TLM受難2

え〜〜と、続きです。


まずはガソリンコックでも確認してみよう。
RESでガソリンが出ないってことは、コックが怪しい。



で、とりあえずタンクに入っているガソリンを抜く。
コックに長いホースをつけ、ONにするとチョロチョロとガソリンが出てくる。
サビの程度を見たいので、ガソリンをコーヒーフィルタで濾してみた。

ガソリンは結構キレイでした。
特にサビは見当たらない。




ONで抜ける限界までガソリンを抜いてもまだタンクにはガソリンが残っている。
タンクをはずして逆さまにし、ガソリンを抜いてみると・・・・・・









ザラザラザラ〜〜〜〜〜〜










サビが大量に!!!











???????






さっきまではコックからキレイなガソリンが出ていたのに。










ガソリンコックをばらしてみて気づいたのですが、純正コックはコック内にフィルタが内蔵されていたのでした。
よって、コックから出てくるガソリンはフィルタで濾されたもの。
そりゃ綺麗なわけだ。




で、コックの中、タンクの中は、というと・・・・







ご想像にお任せします。

RES回路なんてヒドイもの。
すべてサビで埋まっていて、まったくガソリンが通らない状態。



タンク内で着々と育っていたサビが、混合給油の攪拌によりタンク底に一気に集まって沈殿→詰まりになったと思われます。







さーて、どうやって直すかな?




?「花咲かG」を買ってくる。
これはタンクサビ除去&コーティング剤の定番。
ネットで見ると、かなりの高評価です。
が、値段が5000円くらいするんですよね・・・・

?サンポール&サビ防止剤で処理
これはかなりの難易度です。
酸でサビを(鉄もですが)溶かして処理、その後サビ防止剤で処理をする。
問題はサンポールが強力すぎて、洗浄中にどんどん再度錆びてくること。
うまいことアルカリ性の洗剤(マジックリン等)で酸を中和できるか?がぽいんとですな。

?新しいタンクを買ってくる。
純正のタンクはどれも似たような程度だと思うので、社外のアルミもしくは樹脂のタンクをヤフオクで購入する。
これはかなり魅力的だ〜、軽量化にもつながるし。
が、欠点は高い&ガソリン容量が減ってしまうのよね。




悩むな〜〜〜





続く






BAKU

TLM受難

10/18(土)は走りに行くはずだった。

え?


「はずだった」???






事の顛末はこんな感じ








Bushyuさんから原チャリRunのお誘いを受けた。
久里浜〜金谷までフェリーで渡って千葉の不整路を爆走するのである。

しかもBushyuさんともっさんは原チャリ
オレは原チャリは持ってないので、TLMで参加することに。

いきなり楽しそうである。




で、当日。
眠い目をこすって出発。


一度実家により、携行オイルやらガソリンやら、なんぞやの時の工具を持って出発。
季節は秋、朝の風は心地よく、どこまでも走っていけそうである。

オレは原チャリ組とは久里浜集合にしてもらって、第三京浜→横新→横横ルートを選択。
まずは第三京浜を目指す。



走っていると・・・・







ん?

んん??



信号で止まってもアイドリングが高い。

これは・・・・・・





ガス欠間際にでる症状である。
ガスを必要分供給できなくなって、空燃比が薄くなってアイドリングがあがるのだ。

が、さっき給油したばかりですが・・・



ガソリンコックはONだ。
試しにRESにしてみても症状は変わらない。


むむ〜〜〜〜

と思いながら環八へ出る。









いや出れなかった(泣)


丁度芦花公園の角の交差点でエンスト
その後何度キックしてもエンジンは掛からず・・・・。




しょうがないので現地で原因を考えてみる。

?ガソリンコックがONでは燃料はホースから出てくる。
?ガソリンコックをRESにすると・・・あら?、微妙に出が悪い。
てことは、ONにしていればとりあえずはガソリンは供給されているはず。

キャブを開けるとガソリンが入っているので、ガソリン供給には問題はなさそう。

てことは・・・・


キャブのガソリン通路が詰まったか??




思い当たるフシがあり。
先日オイル給油を分離給油から混合給油にしたのだ。
混合給油にするとガソリンタンクの中でオイルとガソリンを混ぜなければいけないので、ガソリン給油後にオイルを入れ、車体を揺すって混ぜるのですが・・・。
それをやるようになってから、キャブの中に微量の「サビ」が溜まるようになた。
とはいえサビは微量だし、大きさも小さいから詰まることはなさそう。


が、とりあえずキャブを外してジェット、通路関係を吹いてみる。
特に問題なさそうだ。

まぁTLMはガソリンフィルターも付いてないし、タンクがサビだらけだったらキャブはサビでいっぱいなるはず。これは可能性薄いね。と納得。
(後でこれが間違いだと気付くのですが・・・)



原因が分からずエンジンは掛からない。
万が一掛かったとしても出先で再発したらさらに大変なことになるので予定を泣く泣くキャンセル。


バイクを置き去りしにて電車で帰宅。
しばらくして車で取りに行き、なんとか車載して帰宅。





早速原因調査ですな。




一番気になるのは

「RESにしたとき、ガソリンの出が非常に悪いこと」

まずはガソリンコックをバラしてみるか。








続く



BAKU

こんな簡単なことかぁ〜〜!!

最近パソコンの調子が悪い。



動作が重くなったり、軽くなったりを5秒間隔くらいで繰り返してる。
タスクマネージャを見ると、CPU使用率が普通状態では低いのだけども、重くなったときはCPU使用率が100%になってしまう。
で、こんな状態だから、動画を見たりすると画像、音声が途切れ途切れになってしまう。
なんとかせねば〜〜〜・・・・・




で、ネットでいろいろ調べてみた。
CPUが100%になってしまう原因の上位は
?ウィンドウズのアップデートバグ
これは自動アップデートを始めるとCPU使用率が100%になってしまうパッチのバグらしい。これは自動アップデートを始めると重くなるらしいので違うっぽい。また自動アップデートを解除してみても動作が変わらないのでこれではない。

?ウィルスバスターのバグ
これもアップデートデータにバグがあってCPU使用率が100%になってしまうらしい。
ウィルスバスターを停止しても変わらないし、対策済みの最新版にアップデートしてあるのでこれでもない。

?各種ドライバー
いろいろ最新化してみたが変化なし・・・・・・・・














・・・・・・・・・・・・







困った。
さっぱり分からん。















で、かれこれ1年くらい放っておいた(おいおいっ!)











で、本日何気なくインターネットで「CPU100%」と検索してみると・・・









「PCを分解掃除したら直りました」













というブログがあった。

いやいや〜、何をおっしゃいますか。
これじゃあ「燃料タンクに入れると燃費が10%よくなる石」並にあやしーじゃないですか!!!














が、もう一度パソコンの症状を思い出してみる。
・立ち上げた当初は症状が軽い。
・長時間使っていると症状が重くなり、そのうち常時になる。






????






ひょっとして???










「熱がこもると症状が悪くなる??」









そういわれてみればCPUクーラーの出口から温風の出が悪い気が。

で、5分でパソコンをバラす。



中はあんまり汚れてない・・・・・・




で、CPUクーラーをはずしてみる。
そんなに汚くない・・・・・・
















あれ??

















フィンの向こう側が見えませんが・・・・・・??








試しにフィンを吹いてみると・・・・・





フィンの間から埃の塊がゴッソリ。

フィンの間がすべて埃で詰まっていたようです (><)







で、10分で元通りに組み立てる。
冷却効率を良くするため、あちこちの蓋は開けっぱなし。
































結果は























「快調です!」















調子悪い状態で数年。
何度買い換えようと思ったことか。





ただの埃だったとは・・・・・







皆さんもご注意あれ。






BAKU

 | HOME |  »

Appendix

BAKU

BAKU

BAKU(大和田法臣)
都内で活動するバンド『AmberLife』のドラマー


東京都に生まれる。
父親、母親の影響で幼少の頃より音楽が周りにあふれる環境で育つ。
兄の影響で高校からドラムを始める。
高校、大学と音楽活動に熱中。
しかし当時活動していたバンドが 解散した後はしばらく音楽活動から離れる。
2001年、 哲平に誘われANALOG MACHINEに参加。
CD発売、 ツアーと精力的に活動したが2003年6月をもって活動休止し、現在も休止中。
2005年7月に哲平とAmberLifeを立ち上げる。

バンドとは別にバイカーとしての顔もあり。
愛車HarleyDavidson '91FXRに跨り各地をまわる。
腰に響くリズムとサウンドの快感はドラムもバイクも同じなのか・・・・。

最近はまっているもの
「モーラー奏法」
「黒人リズム感」

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2008-10 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks