LOUD&COOL 〜BAKUの奔走〜

バンド「AmberLife」を中心に、ドラム、バイク、写真、等々について書き綴る。

峠経由で群馬へ

さて、ツーリング記録がたまっているので、続いてUP
先週末は渋川伊香保までツーリングに行ってきた。

まーどこへ行ったとか、何を見たとかはオレのマイミクさんが写真付きで紹介してくれているので割愛。



ひさびさのRainbowツーです。
皆さんは渋川伊香保までは高速で行くらしいのですが、峠好きのオレとしてはそれじゃもの足りん。
せっかく走りに行くのだからってことで下道で行くことに。


朝っぱら早く起きて単車を引っ張り出す。
まずはTZ CITYまでトコトコと行き、そっからR463⇒R299へ

正丸峠を抜け、道の駅「あしがくぼ」で休憩。
ここでは珍しく同じFXRを発見!!
小心者のため話かけられはしませんでしたが・・・・

そっから秩父を抜けてどんどんR299を西へ
この辺は交通量も少なくて気持ちよく飛ばせる。
志賀坂峠をぬけた辺りにある「さざなみ石」で休憩。
ここは岩壁に恐竜の足跡があることで有名(らしい)
化石発掘体験なんかもあって、結構賑わっていた。
暇があったらオレもやってみたい・・・・・が、先を急ぐ。

そこから日航機墜落の慰霊碑脇を通ってR299とバイバイ
県道45号を北上して塩ノ沢峠を越えて下仁田方面へ

ちなみに下仁田には「なんじゃい」という駅があるらしい。
どうでもいいが

一瞬R254を走ってすぐ県道51号へ

初めて妙義山を間近で見たが、かなり異形の山
これはいつか登ってみたいね〜。
岩場をチェーンを使って登るところもあるらしい。

あとから聞くと、行者が修行のために登るみたい。
オレみたいな半端ものは登らせてもらえないかな??





で、





この辺でキャブの調子が悪くなる。
どうも気温が上がった(この日は30℃越え)のと、そういえばマフラーを変えた時にキャブ調整をしていなかったため濃くなりすぎたらしい。
加速ポンプが効き始めると一瞬ゴボゴボっと失火する。
これがコーナー立ち上がりに出るため非常に気持ちよくない&コワイ

こんなときに限って工具持って来てないのよね。
のでコメリに立ち寄ってキャブ調整用工具を買う。
ま、車載用にすれば無駄にはならんて。


コメリ駐車場で変な目で見られながらキャブ調整する。
ちょいと薄くしたらとりあえず息つかなくなったのでヨシとする。


そこから県道33号を北上し、榛名湖へ
榛名湖って有名だが、来るのは初めてや。

記念に一枚!!
  ↓



奥に見えるのが「榛名富士」だそうです。
ちなみに「榛名山」というのは山全体のことを言うらしく、湖上のものは通称「榛名富士」みたいです。



ここから国道33号を東へ下る。
ここは知る人ぞ知る、「イニシャルD」信者の聖地です。

<知らない人に説明>
イニシャルDというドリフト漫画があって、そこの主人公のホームコースが「秋名山」というのだが、そこのモチーフになっているのが榛名山から東へ下る県道33号なのだ。
頂上近くにあるバス停や、給水等、溝落としコーナー、5連ヘアピン等、漫画のまんまでしたよ。
ちなみに溝落としコーナーではちゃんと溝を走ってきました(笑)
最後のヘアピンは凹凸舗装がされていてブレーキングの時に吹っ飛びそうになってビビリましたが・・・。
税金使って余計なものを作るなっての!!

で、目的地に到着。










(中略)









いきなり帰りです(笑)
帰りは高速でまっすぐ帰る・・・・・つもりだったのですが。




「破壊王」君の「BAKUさーん、奥多摩寄って行きませんか??」

の誘惑に負けて奥多摩へ(←あんた、どんだけ峠好きなんだ??)






圏央道から五日市街道経由で奥多摩周遊へ

が、時間も遅くなっていて、このまま奥多摩湖まで行くと日が暮れそうだったので都民の森で引き返し。


都民の森で証拠写真
   ↓




こうみると対照的な2台ですな〜〜

ちなみに破壊王君はミュージシャンなのです。
活動もこれから飛ばしていくみたいなので、がんばってねー。
なんかイベントあったら呼んでくれ。


ここから上野原に下り、中央高速で帰ってきました。
よく考えたら今日のコースはあんまり高速1000円の恩恵を受けていないような・・・・・






また走りに行きてぇ〜〜!!!






BAKU

コメント

大切な大切なぁの館のぉ話が…

中略されてりゅ・・・泣www

>acoちん
あの館はオレのキャラに似合いません〜〜(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bakubakubaku.dtiblog.com/tb.php/188-53f72f67

クロムハーツ 店舗

LOUD&COOL 〜BAKUの奔走〜 峠経由で群馬へ

グッチ アウトレット

LOUD&COOL 〜BAKUの奔走〜 峠経由で群馬へ

ugg メンズ

としてI サイト私は信じて、占有コンテンツ問題ここでは、威嚇されて素晴らしい 、あなたののためにそれを感謝しています。あなたはそれを永遠に保つ必要があります。 ベスト運の 。

catalogo borse louis vuitton

I not sure where you're getting your info, but good topic. I needs to spend some time learning much more or understanding more. Thanks for fantastic information I was looking for this information for my mission.

ugg メンズ

あなたは本当に 実際にそれはあなたのプレゼンテーションでとても簡単に見えるようですが、私はこのトピックでは、 の問題を見つけることが本当に 実際に何かた私は理解できないと思います。それはあまりにも思える複雑と非常に私にとっては幅広い。 私はあなたの次のポストのために楽しみに、 私はしますを探してそれのこつを取得しようとする。

シャネル 財布 公式

過去少数の記事がちょうどある少しトラックの外に。に来る。

 | HOME | 

Appendix

BAKU

BAKU

BAKU(大和田法臣)
都内で活動するバンド『AmberLife』のドラマー


東京都に生まれる。
父親、母親の影響で幼少の頃より音楽が周りにあふれる環境で育つ。
兄の影響で高校からドラムを始める。
高校、大学と音楽活動に熱中。
しかし当時活動していたバンドが 解散した後はしばらく音楽活動から離れる。
2001年、 哲平に誘われANALOG MACHINEに参加。
CD発売、 ツアーと精力的に活動したが2003年6月をもって活動休止し、現在も休止中。
2005年7月に哲平とAmberLifeを立ち上げる。

バンドとは別にバイカーとしての顔もあり。
愛車HarleyDavidson '91FXRに跨り各地をまわる。
腰に響くリズムとサウンドの快感はドラムもバイクも同じなのか・・・・。

最近はまっているもの
「モーラー奏法」
「黒人リズム感」

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks