LOUD&COOL 〜BAKUの奔走〜

バンド「AmberLife」を中心に、ドラム、バイク、写真、等々について書き綴る。

四国旅1日目



淡路島SAで目が覚める。
外は朝日がまぶしいくらいの快晴だ!
寝ぼけながら朝飯を食べ(オーブン付電子レンジがあるのでトーストも食べ放題!)、出発の準備をする。

今回は淡路島はパスなので高速でさっさと抜ける


・・・・・・・とはいえ意外にデカイのよ淡路島・・・・・・・・・



鳴門北ICでいったん降りて鳴門の渦潮を見に行く。



鳴門海峡にかかる橋の下を歩けるようになっているらしく、ここから渦潮が見れるのだよ〜〜


こんな感じに橋の下を歩いていけます。



ピンボケですんません


で、ところどころにこんな落とし穴が・・・・・・・・・・






分かりにくいですが、床がガラスになってて下が丸見えです。
思った以上に「コワイ」です。


肝心の鳴門の渦潮は時間が合わなかったため今一つでした。
潮が入れ替わる時に出るんですかね?
ウチラが行ったときには潮が一方方向にかなりの流速で流れておりました。



さてここからが本題です。
旅の目的「讃岐うどん」を目指して、四国の北に沿って高松自動車道を西に。
讃岐うどんでは有名処である(らしい)「山越」を目指します。
高松道はのんびりとした道路(多分自動車専用道)で、ウチのアウトドアジュニアでトコトコとマイペースに走ります。
到着は14時くらい






で、着いてみると・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・









人、人、人・・・・・・・・・・









このド田舎(失礼)で、周りは田んぼで全く人気がないところに、突如数百人単位の人が行列しているではありませんか!!
これは誤算でした。
確かに有名処は混むよ、とは言われてましたが、ここまでとは・・・・・。
製麺所(讃岐うどん屋サンは製麺所兼お店ってところが多いのです)は15時くらいで閉まってしまうので、これは食べられそうもないので、泣く泣く諦め。

しょうがないので近くの空いている(あとで考えればそりゃ空いているよね・・・)製麺所で食べてみました。


結果は










「なんじゃこりゃ〜〜!! コンビニで売ってる冷凍うどんの方がうまいじゃないか――!!」








という散々なものでした。
麺は一度茹でたものが用意してあって、それを湯通しするだけだし・・・・・。









今回の旅の教訓その1  「空いているには訳がある」








このままじゃ引き下がれないので、近くのうどん屋に直行
そこそこのうどんを食べて何とか怒りは収まりました。



ここからR32を南下し、大歩危小歩危を目指す。
のんびりとした田舎道をトコトコと走る。


途中で当初寄るつもりがなかった「箸蔵寺」に立ち寄る。
これはウチのボウズの要望です。

えっ?シブイ趣味してるって??

いやいや、実はこの箸蔵寺は山寺で、山の上にお寺があるのです。
で、そのお寺まで行くのにロープウェーがあるですよ。
それに乗りたいだけなのです(笑)



またもやピンボケですんません


で、ロープウェーを降りた後、200段の石段を登ってようやく本殿と御対面です。



↑これは本殿ではないですが・・・・

この辺りは木々は紅葉しており、またちょうどこれから夕日という時間だったので、幻想的な風景が見られました。


木々は太く、根と地面は苔で覆われており、そんな荘厳な中で時間を気にすることなくのんびり。
これこそ最高の贅沢ですわ〜〜!!!
やっぱり「旅」っていいね!!




↑僕もそう思うよ〜〜



さて、すっかり日も暮れたことだし、「秘境の湯」で一風呂浴びて、その近くの川沿いの展望所で一泊することにしました。
この辺からは雨が降り出してました。
雨と川のせせらぎとに包まれて就寝。



BAKU

コメント

讃岐うどんも店によって当たり外れがあるのですね
オレが行ったトコは、高松駅からさほど離れてない小さいうどん屋でしたが
安くて美味かったですよ。空いてたし。
当たりだったんだなー

>ブシューさん
当たり外れあるみたいですよー。
会社の人も適当な店に入ってドエライ目にあったと言ってました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bakubakubaku.dtiblog.com/tb.php/199-e6d739ec

逆助援でハッピーライフ

約束してた女と昨日会ってきたんだが、相手は仕事帰りだったらしく会う時スーツで来たんだよ。俺も一応脱サラした身だから「仕事大変だよねー」なんて話をしてたら女にすっかり気に入られてさ(笑)

バイト禁止。でも別の収入源

自由な時間に家賃の3倍。バイト禁止でも稼いでます。

online dating

Thank you, this is the worst factor I’ve read

グッチ バッグ

LOUD&COOL 〜BAKUの奔走〜 四国旅1日目

クロムハーツ ネックレス

LOUD&COOL 〜BAKUの奔走〜 四国旅1日目

chrome hearts

コンテンツの| かなり魅力セクション。 ウェブサイトおよび加盟の首都で主張するために、その私私はちょうどあなたのつまずい取得 実際にあなたのブログの記事は、アカウントを楽しんだ。 任意の方法は 私はよ ??あなた補強を購読することが、あなたが一貫してアクセスしても、私は達成急速 。

クロムハーツ メガネ

過去記事| 良い縁起ありがとうございます。それは実際にはアミューズメントアカウントそれだった。あなたから快い追加| より遠いに高度に見える。 ちなみにしかし、どのようにすることができます でした私たちは、通信する?

ニューバランス 574

うわー。この可能性があります 我々は持っているブログ今までこの主題で全体で到着します。最も役立つ便利な有益の特定の一基本 フィ 。 私はよも専門家このトピックのしたがってそう、私はあなたのハードワーク労力を理解することができます。

ニューバランス

うわー、 素晴らしい ブログ 構造 。どの長い あなたを持ってきブログを実行しているの?あなた作る ブログを実行しても | 簡単な外観一目 。 フル 見 サイトウェブサイトはあなたのです優れた 、 {せアローン| きちんとと} コンテンツ素材 。

シャネル バッグ 定番

私はちょうど探しこの情報 しばらく 。連続Googleing 、数時間| 6 6の後ついに私はあなたにそれを持ってウェブサイト 。私が疑問に思う何か Googleの戦略の欠如がそのありませんこののようなものをランク有益 Webサイトリストのトップである。 通常 サイトトップゴミでいっぱいです。

 | HOME | 

Appendix

BAKU

BAKU

BAKU(大和田法臣)
都内で活動するバンド『AmberLife』のドラマー


東京都に生まれる。
父親、母親の影響で幼少の頃より音楽が周りにあふれる環境で育つ。
兄の影響で高校からドラムを始める。
高校、大学と音楽活動に熱中。
しかし当時活動していたバンドが 解散した後はしばらく音楽活動から離れる。
2001年、 哲平に誘われANALOG MACHINEに参加。
CD発売、 ツアーと精力的に活動したが2003年6月をもって活動休止し、現在も休止中。
2005年7月に哲平とAmberLifeを立ち上げる。

バンドとは別にバイカーとしての顔もあり。
愛車HarleyDavidson '91FXRに跨り各地をまわる。
腰に響くリズムとサウンドの快感はドラムもバイクも同じなのか・・・・。

最近はまっているもの
「モーラー奏法」
「黒人リズム感」

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks